症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

変形性関節症と診断を受けた膝の痛み 50代女性

0

    50代女性の方で、右膝の痛みを訴え来院されました。

    膝の痛みは、約1年前から始まり、始め病院へ通い変形性関節症と診断を受け、ヒアルロン酸注射の治療を受けていました。

    ヒアルロン酸注射を受けていた当初は、痛みが引いていたそうなのですが、また膝の痛みが再発した模様です。

     

     症状は、歩くときや椅子から立ち上がる際に膝に痛みが生じます。また、階段を降りたり、車の乗り降りにも支障が出ています。

     

    検査・治療

     膝の関節に変形が認められましたが、膝自体が問題ではなく足の指の関節や、足首の関節がしっかり動かない状態が膝に長年負担をかけ、変形して行ったのではないかと思われます。ですので、その部分の治療を中心に週1回のペースで治療を行いました。

     5回目の来院時、膝の痛みに緩和が見られ,10回回目の来院時から痛みはほぼ認められない状態になりました。

     

     膝が痛いからといって、膝自体に原因がある場合は非常に少ないです。他の場所に問題があり、その負担が膝にかかり痛みが出ている場合がほとんどです。なので、膝の痛みでも全身を見るということは非常に重要となってきます。

     

     


    大腿骨骨折後の腰痛と股関節痛

    0
      50代男性
      2年前に脚立から落ちて左大腿骨と恥骨を骨折。術後約1年経ち、大腿骨頭壊死になりCABMAT(濃縮自家骨髄血移植術)を受ける。その翌年、腰痛と股関節痛を訴え当院に来院されました。主な症状としては、1ヶ月前からジムに通いだし、それから腰や背中が痛くなる。他に常に左股関節に違和感や痛み、可動制限を感じる。

      検査/治療
      左の股関節周囲筋の筋力低下
       ↪大腿筋膜張筋、中小臀筋、腸腰筋、大腿四頭筋
      恥骨、仙骨、大腿骨内、下腿骨間膜、腓骨に機能障害が見られた。

      これらを中心に4回施術を行い、可動域や腰の痛みは取れたが股関節に常にある痛みが取れなかった。外側大腿回旋動脈の強い緊張が見られそこを治療すると、常にある痛みが取れた。

      その3週に1回のペースで、9ヶ月通ってもらい現在では股関節の状態は気になっていない状態。しかし、骨折や骨頭壊死により股関節の構造は元の状態ではないので、メンテナンスとして月に1度通ってももらうようにしている。

      座れない状態の坐骨神経痛

      0
        症状
        80代、女性
        8月前から、左殿部から足先までしびれと同時に強い痛みが現れ、来院時にはさらに悪化し起き上がれないくらいの痛みになる。横になっていると痛みは軽くなるが、座ると痛みが強くなるため座ったり立ったりすることが出来ない状態。病院での治療やリハビリでは回復が見られなかった。

        既往歴
        心臓疾患
        腎臓疾患
        高血圧

        検査/治療
        SLR左+
        左下肢の筋力が全て低下
        左脛腓関節の機能障害、副腎機能が低下、左仙腸関節炎が見られ、まず、仙腸関節の安定性を図るため左足の筋力を回復させるようアプライド・キネシオロジーのテクニックを使い治療。そして、副腎機能低下症を改善させるためサプリメントと食事指導を行い、炎症を低下させるように図る。

        3回目の来院時で、痛いながらなんとか歩けるようになる。
        5回目の来院時で激しい痛みが消える。しかし、家事などをすると足が痛くなるので休み休みでないとでいない状態。

        そこから、一進一退を繰り返すが3ヶ月後痛みが大分楽になり歩けるようになる。しかし、左足に以前のようにしっかりとした力が入らない事を訴える。筋骨格系の治療をこのまま進めてもこれ以上の改善はみられないと判断し、自律神経を整えるよう治療を変更する。

        その1ヶ月後日常生活の痛みはなくなる
        来院時から、8ヶ月後しっかりと足に力がはいるように戻った。

        まとめ
         この患者さんは、痛みのため待合で座ることが出来ず、キッズルームに布団を引き寝て待ってもらっていました。立ち上がるのも1人では難しく、息子さんに抱えられながら診察室に入って来られていました。病院の治療も全く効果を示さず、藁をも掴む気持ちで来院したとおっしゃっていました。

         ここまでひどい状態になるということは、過去の沢山の問題が積み重なり、積もりに積もったものが症状として噴出したことが考えられます。ですので、その問題を一つ一つとっていく必要が有り、これに非常に長い時間がかかりました。何歳であろうとも人間の身体は、元あった状態に戻してあげると、徐々にではありますが自然治癒力が働き回復していくのです。この患者さんから人間の自然治癒力の凄さを教えられた感じがします。




         

        朝にでる歩けないくらいの腰痛

        0
          症状
          60代女性。
          1年前より、朝目が覚めると歩けないくらいの腰痛が続く。しばらくもモゾモゾと動いているとだんだん歩けるようになってくる。他にも同じ体勢を続け、動かそうとすると激痛が腰に走る。

          既往歴
          甲状腺腫
          腎炎


          検査
          姿勢は、異常な位のか反り腰。しかし、腰を後ろに反れないといった状態。
          数年前に腎炎をやった影響か、腎臓と尿管の強い緊張が見られ、腰椎の数カ所に椎間関節が開かない箇所がある。
          他に、呼吸が浅く、自律神経疾患様の状態も見られた。

          1回目来院時
          初めの治療は、自律神経と呼吸の状態を整えるように調整。痛みとは関係のない場所ですが、まずこれを先に取っておかないとなかなか回復が悪いからです。そして、腎臓の滑りを良くする。

          2回目来院時
          引き続き同じ治療

          3回目来院時
          呼吸と自律神経が落ち着いてきたので腰椎の椎間関節を開く治療を始める

          5回目来院時
          朝の痛みがら楽になってきた

          6回目来院時
          完全に痛みがなくなる


          まとめ
          数年前に腎炎を患ったという事は、元々体調があまりよろしくない状態と思われました。ですので、いきなり腰の治療に入る前に全体的な状態を良くするため、自律神経系と呼吸を調整しました。いきなり痛い部位を無理に矯正するとさらに悪化してしまう可能性があるからです。また、反り腰なのに腰がそれないのは、腎臓と尿管が緊張していたため、内臓の方から腰が引っ張られ反れていませんでした。これらを良くし腰椎を治療したところすんなりと痛みが引いてくれたわけです。





           

          事故後のむち打ち症状とめまい

          0
            20代女性。10ヶ月前に自動車事故で後ろから追突される。その後から、頸部から背部にかけての張りと、腰痛、首を動かすとめまいが出てくるという症状が出てき、時間が経過しても一向に良くならないので来院。


            検査
            首の可動域がかなり低下しており、側屈に関しては左右ともに10°位しか倒れない状態。また、首を左右に振るとめまいを生じる。

            鎖骨の関節がロックしてしまい、頸部の筋肉に異常な緊張が起こり、頭部へ走っている血管もそれに引っ張られるように固く柔軟性に掛ける状態でした。

            1回目の施術で、胸鎖関節と脳底動脈の緊張と脊柱の機能障害部をリリース。

            2回目来院時、頚部の可動域が増え、首の張りが軽減していたが、めまいと背中張りが残り、頭蓋骨の矯正を行う。

            3回目の来院時、めまい、頚部可動域も回復しており良好な状態だと判断し治療を終了しました。


            まとめ
            事故により鎖骨の滑りが悪くなったために、頸部の筋が緊張し頭部への血流を障害していたため、めまいが起こったのではないか。また、事故後から10ヶ月も経っており、首の筋肉がその期間四六時中頭蓋骨を引っ張り、頭蓋骨の歪みを起こしたのではないか。これを的確に矯正するとめまいや頚背部、腰部の張りが消失した。

            | 1/17PAGES | >>