症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

1年半前からの産後の腰痛

0

    【症状】

    30代女性。

     1年半前に、第二子を出産しその後から腰痛を患う。1週間前にその腰痛がひどくなり、立つのも困難な具合。来院されたときは、歩くことが出来ていた。が、来院時は10分位座っていると体がどんどん右に曲がっていき、立とうとすると腰が伸びない状況でした。

     

     病院では、レントゲン撮影をし骨に異常はない。体が硬く、腹筋や背筋が弱いので筋トレたストレッチをするように指導された。

     

    【検査/施術】

    ・右の臀筋に非常に大きく硬い筋硬結

    ・肋骨の可動性が悪い

    ・左右の腎臓の動きが非常に少なくなっている

    ・仙骨の歪み

     

    以上が所見で分かりました。

    これらの施術を行い、3回目の来院時までは、ラクにはなるのだが座ってから立ち上がる時の腰の硬さが取れない状態でした。何か見逃しているものがあるのではと検査すると、仙椎(仙骨は発生学的に5つに分かれている。その文節)が波打っているような歪みを見つけました。それを施術すると4回目の来院時には、この症状はなくなっていました。

     

     この患者さんは、仙骨の独特な歪みを持っていました。これは、教科書には乗っていないタイプの歪みです。このため、仙骨が自由に動かない代償として、臀部の筋肉が異常に緊張し痛みを起こしていたのではと疑われます。

     これを放っておくと、その痛みを緩和させるために体は痛みがラクな方向へ歪み、新しい代償を作ってしまいさらに症状を複雑化させていきます。これを治そうとすると更にひと手間かかり、日数と費用がかさみます。なので、おかしいなと思ったら、早めの来院をお願いします。

     

     特に産後はいろんな歪みの問題を持っている人が多いので早めにご相談ください。

     

     

     

     


    産後の足底筋膜炎

    0

      JUGEMテーマ:健康

      20代女性の患者さんです。

      産後、2ヶ月立ってから両方の足の裏が、地面に接地すると痛くなりだす。

      特に、朝の第一歩目や動き出しの1歩目が痛い。

       

      お話を聞くと、足底筋膜炎の疑いがあります。

       

       検査していくと、産後なので、骨盤や膝、肩などに骨の硬さや関節のズレなどが当然みられます。その中で一番悪いと感じたのが、足の第2指と5指。指の中に鉄の芯が入っているかのように固くなっています。その硬い芯を施術で取り除くと、その場で足の裏の痛みが楽になりました。

       

       翌日来院されたとき、まだ親指の付け根が痛いということだったので、指先の硬さが残っている部分を調整しました。その段階から、完全に痛みが消えその後快調に過ごされているそうです。

       

       


      産後の尿もれ

      0

        症状

         

        30代女性。

        産後の骨盤調整と産後からの尿もれが気になり来院。

        出産は、陣痛が26時間続き、分娩室に入ってから出産まで4時間かかり、最終的に吸引分娩で出産されました。

         

        このことより、骨盤帯を中心に大きな負担が身体にかかっているのではと疑われます。

         

         

         

        施術と経過

         

        体の状態として

        ・頚椎や胸椎などに動いていない関節のセグメントがいくつか見られる

        ・骨盤は左右ともに離開

        ・尾骨の歪み

        ・脊髄終糸の緊張

        ・恥骨の歪み

        ・足首の歪み

        ・硬膜の緊張

         

        これらを主体とし、施術を行っていきました。

        2回目の来院時、尿もれはなくなる

        3回目の来院時、特に気になる所なし

         

         

        産後の尿もれは歪みをチェックしたほうがよい

         出産時の体にかける負担は、想像を絶するものがあります。骨盤だけではなく、身体の至る所に問題が出てきている患者さんを多く見受けられます。特に恥骨や、腸骨、尾骨などが歪むと筋膜や靭帯を通し、腹部の内臓の緊張を作り出します。

         今回の患者さんの様に、これらの歪みにより膀胱が固く緊張してしまうケースがあります。すると、膀胱の壁が固く緊張し、尿が溜まっても伸びないので(伸張性が少なくなる)、尿もれの原因となりえます。この産後の歪みを矯正することで、尿もれの症状が解消することがよくあります。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        バレーボールで痛めた膝の痛み

        0

          【症状】

          50代女性。

          ビーチバレーを長年やっており、1ヶ月前から右膝の違和感を覚え、1週間前の練習後より膝の痛みが出てくるようになった。痛みは、体重がかかると現れ、歩行や階段などで痛みが強くなる。

           

           

          【状態と経過】

           本人の希望でバレーをやりつつ治したいとのことで、通常より時間がかかると言うことを了承して施術にあたりました。

           

          体の状態

          ・尾骨の歪み

          ・仙骨の歪み

          ・上部腰椎の歪み

          ・右膝(特に半月板)の硬さはあるが、ここは原因ではなさそう

           

          上記を中心に施術を行っていきました。

          3回目の来院時、歩行時の痛みは、まずますとれてきた。

          5回目の来院時、階段を登る時の痛みは、まあまあになってきた。

          9回目の来院時、ほぼ問題なくなる

           

           

          今回は、膝が痛いのですがその痛みを出している原因は、尾骨にありました。

           

          膝は、他からの負荷を相殺させ、そのために痛みが出ていたと思われます。なので、こういう場合、膝が痛いからと言ってそこばかり矯正しても全く症状は変わりません。この女性は、ビーチバレーをされているので、尻もちなど頻繁につくことが想像されます。そして尾骨が歪み、その歪みが骨盤や股関節の動きに制限を起こし、その影響を膝が受けていたと考えられます。

           

          体は、パーツで分かれているわけでなく、すべて相互作用しながらつながっています。そこを理解すると、膝の問題も解決できる可能性が高まるのです。

           

           

           


          17年前からの偏頭痛

          0

            症状

             

            40代後半、女性。

            学生の頃から、偏頭痛持ちでメニエールも時々起こる。17年前よりその症状が悪化。現在では、病院で偏頭痛と診断を受け、毎日4種類の突発性難聴とメニエールの薬、他に頭痛薬を3種を月に10回飲んでいる。他に睡眠薬を処方されそれも服用している。

             

             

            施術と経過

             

            体の状態

            ・頭蓋骨の歪みと、脳の疲労感が強く見られた

            ・尾骨の歪み

            ・足関節の歪みと筋力低下

             

            これらを主体に施術を行っていきました。

            3回目の来院時、週に1回しか頭痛薬を使っていない

            4回目の来院時、この1周間は頭痛がなかった

            5回目の来院時、1ヶ月に4回頭痛薬を使った

            6回目の来院時、1ヶ月間頭痛なし

            7回目の来院時。1ヶ月間頭痛なし

             

             その後、1ヶ月に1回頭痛があったりやなかったりを繰り返す感じだが、当初の事を思えばかなり生活が楽になったと思います。薬の量が減るだけでも身体にとってとても負担が減るのですから。

             この状態を維持するために、月に1回メンテナンスに来院されることをおすすめしています。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            | 1/24PAGES | >>