症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

あぐらをかくような体勢で痛む股関節痛

0

    【症状】

    60代男性

    5年前から右の股関節をあぐらをかくような動きにすると痛みが出たり、股関節のストレッチや捻っても痛みが起こる。

    マッサージや鍼を受けていたが改善は見られない。

    この患者さんは、ゴルフを趣味として行っていました。

     

    【状態】

    ・右股関節屈曲と外旋の制限とともに痛みが見られる

    ・右股関節周囲の筋に筋力低下が認められる

    ・右足首から骨盤までの間で、関節の機能異常が多々見られる

    ・右の自律神経の過剰な興奮

     

    施術した結果は、3回目の来院時で痛かったり痛みが出たりと少し緩和が見られる。

    6回目の来院時で、股関節を動かしても痛みがない状態に回復

     

    【まとめ】

     今回のケースは、股関節を事態に原因はなく、尾骨や恥骨などの捻れや右の足首の問題が股関節に影響を与え痛みを起こしていました。また、右の自律神経(交感神経)が乱れ、痛みを助長する格好になっていました。

     この患者さんは、ゴルフを長年やっており痛めた身体を何年もケアせずに放っておいたため、このような症状になったのではと予想されます。回転系のスポーツは、骨盤や腰、足首に負担をかけます。もし何かのアクシデントで身体を痛めてしまったとすると、そこで起きた身体の歪みは、例え痛みがその時良くなったとしても、ずっと残ってしまっています。そして歪んだままゴルフをするのでさらに痛めやすい状態になるのです。

     特にゴルフのような回転系のスポーツをやられて入り方は定期的に身体をメンテナンスしていった方が良いと思います。


    10年前からの肩こり

    0

      【症状】

      30代女性。10年前に事務の仕事を始めその頃から、現在まで酷い肩こりを抱えている。

       

      【施術・経過】

      施術は、肩だけではなく、腰や頭蓋、内臓、足に対しておこなっていった。

      3回目の来院時まで、症状に変化はなかったが、それ以降肩こりは楽になっていき、5回目の来院時肩こりは消えていた。念のため、1ヶ月後に来院してもらったが、問題なく生活できる状態を維持できている。

       

      【コメント】

       私の経験上、肩こり体に全体の調子が悪い時に、体のサインとして肩こりを出して本人に伝えている様な気がします。なので、肩だけをマッサージして揉み解すだけでは、施術効果はその時だけで次の日また戻ってしまいます。逆に症状とは全く関係のない場所を、全身的に整えてあげると良い結果が出ています。

       

       


      60代男性 1年半年前からの坐骨神経痛

      0

        【症状】

        60代男性、1年半年前からの坐骨神経痛を訴えて来院されました。

        症状は、立ったり、歩いたりすると右臀部から膝下までのしびれの様な痛み。歩行は、少し距離を歩くと痺れが強くなるので、うずくまる。すると痺れが楽になるので、少し歩いては休み、少し歩いては休みを繰り返している。

         

         

        【施術と経過】

        右の股関節の可動性が強く低下しており、それにより臀部の筋に負担がかかり、臀部の筋肉が緊張することにより仙骨が引っ張られ、背骨が湾曲し坐骨神経痛を出しているのではないかと疑い施術を行っていきました。

         

        3回目までの施術は、一進一退で目に見える効果は現れなかった。4回目の施術で股関節の可動性に改善が見られ、そこから臀部痛がなくなる。その後、内臓の施術を2回行い、膝下の症状もほとんどなくなる。

         

         


        産後からの膝の痛み

        0

          【症状】

          30代女性。

          3ヶ月前に出産し、その後から両膝が痛くなる。特に立ったり座ったりの動作時。

           

           

          【施術と経過】

          ・昔ハイヒールを履いていた関係か、左足首の筋力が全体的に低下した状態

          ・両臀部の筋力低下

          ・膝裏の筋力低下

           

          これらの筋力の低下をいかにして、回復させるかを考え施術を行っていきました。

          まず、足首の筋力は中足骨の関節の異常。両臀部と膝裏は、内臓の機能異常により筋力低下していました。

          これらの問題を3回施術すると膝の痛みが改善されました。

           

          【コメント】

          なぜお尻の筋肉と膝の筋肉が内臓と関係あるのか?と疑問に思ってる方もおられるかもしれません。

          体は全て繋がっています。経絡も胆経と膝の裏の筋肉が関連しており、全て相互に関係し合っています。

          膝の問題で、一つの原因となっているは内臓です。妊娠出産で内臓には多くのダメージが入ります。なので、産後で膝が痛い人がお多いのです。


          真っ直ぐ仰向けになれない、逆流性食道炎

          0

            【症状】

            60代女性。逆流性食道炎で来院。

            症状は2〜3ヶ月前から生じ、頸部、肩のコリ感、胃痛、むかつき、胸焼け、食べると症状が悪化するので少ししか食べれない。胃酸が逆流するので、真っ直ぐ仰向けに寝れない、左下でないと寝れない。コーヒーなどの刺激物は全く取れない。

             病院で制酸薬を処方されているが、現状から回復できない状況。

             

             

            【治療と経過】

             自律神経系のバランスを整え、胃に対して直接マニピュレーションを施す。

            約1ヶ月後、7回目の来院時で胃カメラで異常が見られなくなり、症状もかなり緩和された。仰向けで寝るれ様になり、ほぼ普段の日常生活に戻りつつある状態。

             

             

            【コメント】

             病院では、制酸薬等、胃酸を抑える治療をメインで行っていきます。カイロプラクティックやオステオパシーでは、なぜ胃酸が逆流してしまうのか、構造的な原因に注目していきます。

             胃と食道の間で、胃からの内容物を逆流させないため弁の様な構造を筋肉が担っています。この弁が閉まる作用が弱くなり、随時開きっぱなしの状態になると、胃酸が逆流してきます。この弁の筋機能がしっかり働く様、施術を行い改善に向かわせます。

             また、胃酸があまり出ていない場合、胃で食物を消化できず、その食物の粥状の物が食道に逆流し、食道炎を起こす場合があります。この場合、制酸薬を処方してしまうと逆流性食道炎が悪化してしまうか、慢性化してしまいます。カイロやオステオパシーでは、胃を支配している自律神経が正常に働く様、体に対し働きかけ、胃酸が正常に分泌できる様にしていきます。

             逆流性食道炎が手技療法の適応範囲だなんてビックリするかもしれませんが、改善率は高い方だと思います。ぜひご相談してみてください。


            | 1/20PAGES | >>