症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

産後からの膝の痛み

0

    【症状】

    30代女性。

    3ヶ月前に出産し、その後から両膝が痛くなる。特に立ったり座ったりの動作時。

     

     

    【施術と経過】

    ・昔ハイヒールを履いていた関係か、左足首の筋力が全体的に低下した状態

    ・両臀部の筋力低下

    ・膝裏の筋力低下

     

    これらの筋力の低下をいかにして、回復させるかを考え施術を行っていきました。

    まず、足首の筋力は中足骨の関節の異常。両臀部と膝裏は、内臓の機能異常により筋力低下していました。

    これらの問題を3回施術すると膝の痛みが改善されました。

     

    【コメント】

    なぜお尻の筋肉と膝の筋肉が内臓と関係あるのか?と疑問に思ってる方もおられるかもしれません。

    体は全て繋がっています。経絡も胆経と膝の裏の筋肉が関連しており、全て相互に関係し合っています。

    膝の問題で、一つの原因となっているは内臓です。妊娠出産で内臓には多くのダメージが入ります。なので、産後で膝が痛い人がお多いのです。


    産後からの膝の痛み

    0

      30代女性、産後(6ヶ月前)から左膝が痛くなる。

      また、産前から(中学生からの)腰痛を伴っている。

       

      症状は、立ち上がる時に膝裏が痛くなり、立っていると膝に力が入らずフラフラする。正座すると膝が痛む。

       

      〈治療/経過〉

      主に以下の3つの問題が見つかりました

      1.膝の関節に関係する筋力に低下

      2.仙腸関節のロッキング

      3.膝関節の可動制限

       

      これらの問題を中心に治療を行い3回目の来院時には、腰痛と膝の痛みはかなり改善されていましたが、足首を動かしたり、正座をしたりなどでもう少し痛みがあるとのこのでした。

       

      もう一度治療を行いましたが、症状に変化がありませんでした。他に違う問題が隠れているのではと再検査すると、脛骨の骨端線といって骨の成長線の痕跡のところに問題が見つかりました。この骨端線にも、ほんの僅かながら動きが生じます。このわずかの動きがないために、膝自体の可動域に問題を生じるのです。この部分を治療すると、それ以降膝の痛みは消失しました。

       

      産後、膝の痛みを訴える方はものすごく多いです。人それぞれ原因が全く違いますので、長引く膝の痛みを持っている方は一度施術を受けられたほうが良いかと思います。


      30代妊婦 逆子

      0

        30代、妊娠8ヶ月の妊婦さんです。

        出産に向けての体の調整と逆子という事で来院されました。

         

        治療は、頭蓋の調整と仙骨、腰部の調整を行いました。その目的は、体の状態を良くし、骨盤の中にいる赤ちゃんの居場所を快適にする事で正常な位置に戻ってくれる事を期待しました。

         

        翌週来院された時は、逆子が改善されていました。

         

        逆子で、お悩みの方はできるだけ早く施術を受けてみてください。というのも、赤ちゃんが大きくなるに従って、ひっくり返る確率が落ちていくのを臨床で感じるからです。出来れば、お腹の中の赤ちゃんの居心地を良くするため(子宮内で赤ちゃんに歪みが起きないよう)安定期が過ぎたくらいから、早めに体を整えて行ってください。


        産前からの腰痛と産後の尾骨痛、恥骨痛、両手首と両膝の痛み

        0
          30代女性
          妊娠後期から腰痛が出現。産後尾骨痛と恥骨の痛みが現れる。
          この痛みは、7ヶ月前から始まり現在まで続いている。尾骨痛は、座ってる状態から立ち上がるときに顕著になり、恥骨痛は早歩きをすると痛くなってくる。また、子供を抱っこするときに腰に痛みがある。
          他に、産後から膝と両手首に痛みが出ている。


          【治療・経過】
          初診時に、恥骨と骨盤の歪みがありそれを矯正したが、2回目来院時に全く変化なし。
          よく検査してみると、副腎機能低下の兆候が見られました。これは、産後によく見られるのですが、極度の疲労により副腎の働きが低下し、正常にホルモンを分泌することが出来ず、その結果関節周囲の炎症反応がなかなか治癒しない状態になってしまっています。この状況を打破するために、食事療法を指導。
          その2週間後、恥骨、尾骨、手首、膝の痛みが軽減してきました。ただ、子供を抱き上げた時の腰痛がしつこく残っていました。
          よく話を聞くと左のかかとや足の甲に痛みがあるということなので、そこを中心に月に1回の治療を続けていきました。3ヶ月後完全に痛みが取れるまで回復。

          今回、副腎機能低下の疑いが有りましたが、産後なかなか取れない関節の痛みを訴える患者さんで非常に多く見られる問題です。長期間痛みが続くため、一生痛みが取れないんではないかと悩まれる方が多いのですが、きちんと食事療法を行ってもらえば2週間位で痛みがかなり軽減する方がほとんどです。ぜひ諦めずにご相談ください。

          妊娠中からの恥骨痛と産後の尾骨痛

          0
            [症状]

            20代後半女性
            約1ヶ月前に出産し、その後から腰痛と尾骨の痛みが出現。また、妊娠中からある恥骨の痛みが産後もまだ残っている状態。
            仰向けになったり、座っていたり、動き出しに尾骨周辺が痛み、歩行時に恥骨がいたむ。
            出産時難産で、助産師さんにお腹を押してもらい出産した経緯をもつ。


            [治療・経過]

            この患者さんは、出産時難産で腹部を押され出産に至ったためか、仙骨・股関節・恥骨・S状結腸と骨盤全体と内蔵に強い制限(関節の可動性が低下した状態や位置的にズレが生じた状態)が見られました。
            これらを矯正していった結果、3回目来院時で尾骨や腰痛が取れ、恥骨の痛みが残っていましたが、4回目の治療でこれらの症状がすべて消失しました。計20日程度で治療完了です。


            [コメント]

            産後の痛みは、早目に治療しておけば少ない日数で改善する傾向が強いです。もし、この痛みを何年もほおっておくと痛みをかばうために体の他の部分が代償し補うようになります。これが新しい痛みとなり、その痛みを補うためにまた代償作用が働き、慢性になればなるほどより治療が複雑になってきます。ですので、産後の骨盤矯正(骨盤以外も)は早目に治療を受けるように心がけてください。




             

            産後の尾骨の痛みと母乳の出が悪い

            0
              20代後半女性

              【症状】
              妊娠後期から尾骨が痛く、産後2ヶ月目に入っても痛みが取れない。
              尾骨の痛みは、座ったり仰向けになると強くなる。
              他に、母乳の出が悪い。


              尾骨痛は、産後よく見られる症状の一つです。また、この痛みは長期間続くためずっと痛いままなのではと心配される女性も多いのではないかと思います。ただ、自分の臨床の経験によると産後の尾骨痛はカイロプラクティックの矯正でかなりの確率で改善される方が多いです。

              この方は、尾骨のねじれ(関節の可動性の著しい低下)と足関節に問題が有りました。
              尾骨のねじれだけ矯正しても、足関節からの問題が矯正後の良い尾骨の状態を戻してしまうおそれがあるため一緒に矯正を行いました。2回目の治療で5日間尾骨の痛みが出なかったがそのご再発。4回目の来院時尾骨痛が完全に収まりました。

              その後母乳の出が悪いということなので、乳腺が固まって柔軟性の低下している部分を緩めていき乳腺へ向かっている血管の調整を行い、その後母乳の問題もなくなりました。

               

              2/15更新! 産後7年来の腰痛(骨盤ベルトの過剰使用)

              0
                【症状】

                37才女性。7年前の産後より腰痛が始まる。
                産後から痛みのため歩けなくなったが、骨盤ベルトを締めると痛みがラクだったため、現在まで7年間、寝る時も骨盤ベルトを締め続けている。

                現在の腰痛は、仰向けで寝ることができず、寝てしまうと腰痛と股関節前面にしびれが出てくる。
                生活上、ベルトが無いと腰に不安定感が有り、締めずには居られない状態。

                【治療方針】

                女性の身体では、妊娠しリラキシンというホルモンが分泌されます。その影響で骨盤を中心に全身の靭帯が緩み関節を柔らかくし、出産時しっかりと骨盤が開くように準備をしていきます。
                このリラキシンホルモンは、産後分泌されなくなりますが、1ヶ月間はその作用を残すと言われています。この時期に骨盤ベルトを締めると緩んだ関節を補助してくれラクに生活できます。





                しかし、1ヶ月経って骨盤のゆるみが無くなった状態で、まだ骨盤ベルトを締めていると逆に弊害が出てきてしまいます。

                長い間、ベルトを締めすぎると筋肉がそれに頼り、衰えてくるのです
                よく例えられるのは、骨折後のギブス固定です。ギブスで何箇月も関節を固定していると腕がやせ細ってしまったという経験をしたことがあると思います。その状態と同じようなことが腰でも起こってきます。

                この患者さんは、7年間も骨盤ベルトを締めていたため、筋肉がそれに頼りかなり弱っている状態でした。また、産後から骨盤のねじれ(骨盤の関節がうまく動いてくれない)が存在し、痛み自体はそのねじれが出していると疑われました。ただ、腰の筋肉の衰えがあるので骨盤の矯正+筋肉のトレーニングが必要と判断し、施術を開始していきました。

                【経過】

                全9回 最初の5回は、週1回の来院。あとは、つき1度の来院ペース。

                1回目の治療で、痛みが取れるが2日間しかもたない。
                3回目、重いものを持った時に痛みが出る。寝ているときの痛みや股関節前面のしびれ無し。
                5回目、腰に疲れは出るが、以前のような痛みは全くなかった。
                6回目、運転中に股関節前面にしびれが出た。
                7回目、大掃除の時、腰に痛み
                8回目以降、腰痛はあまり気になっていない様子


                【産後の腰痛は、いつから治療できる?】

                産後の腰痛は、基本的には出産してすぐに矯正できます。
                ただ、産後体力の低下や歩行困難などが解消されたら来院されてください。
                だいたい早い人で、産後1週間後に来院されています。

                ただし、帝王切開後の強制は、産後2週間以降に来院されてください。
                手術痕が閉じてから治療を開始していきましょう。

                産後からの股関節の痛み

                0
                   【症状】

                   30代後半女性の方で、腰痛と股関節痛を訴えて来院されました。症状は、仰向けで寝ると右股関節前面にしびれが出るのと、中腰をすると腰が伸びなくなる状態。今までなんどもギックリ腰を繰り返してきている。

                  このような症状は、30才の出産後からずっと続いている。腰が不安なため骨盤ベルトを産後からずっと寝ているときもはめている。状態が続いていた。

                  【状態】

                   検査の結果、骨盤と腰椎5番目の動きの悪さと全体的な背骨周囲の筋肉の不安定感が見られました。出産や日常生活などで骨盤や腰に負担がかかっており、これらが不調を作り上げていることが考えられます。
                   
                   しかしこの患者さんは、長年骨盤ベルトを締めていたため腰部の筋肉は弱り安定性を欠く状態でしたので、単純に腰や骨盤を強制して治るという状態ではありませんでした。

                   ですので、弱った筋肉を安定させるような施術とエクササイズを通常の施術に付け加え経過を見ていきました。

                  【経過】

                  治療の結果3回目の治療時に腰を曲げた時の痛みと股関節のしびれが取れていました。

                  5回目の治療時、日常での腰の疲れはまだ感じるが以前のような不調はほとんどない状態。

                  現在腰椎を安定させるエクササイズを継続的に行い、月に1度腰のメンテナンスに来てもらっています。

                  【コメント】

                  骨盤ベルトは長期的に使用すると、腰の筋肉がそれに頼ってしまい筋力が低下する恐れがあります。かと言って腰痛ベルトや骨盤ベルトを否定しているわけではありません。急性期にうまく使うことにより、強い痛みを和らげることが出来ます。ただ、長期的に使うと問題が出てくるのです。

                  産後の腰痛でお困りなら
                  尾道・三原・福山の国際基準のカイロプラクティック

                  ポート カイロプラクティック センタ

                  症例:2ヶ月前からの産後の腰痛|尾道の整体・カイロ

                  0
                     

                    【症状】



                    20代、女性。2ヶ月前に出産。その後から腰が痛くなった。

                    左骨盤に違和感がいつもあり、骨盤ベルトが良いと聞いて、ベルトを締めると腰痛が悪化する。

                    出産前に、はけていたズボンが履けなくなっていた。




                    【状態】


                    妊娠後期からリラキシンというホルモンが分泌され、腰部・骨盤の靭帯を緩め出産時、胎児が出やすいよう骨盤を開き準備をします。


                    また、出産時骨盤が大きく開き、出産を終えた後は、急速に骨盤が元の位置に戻ろうと閉まってきます。


                    このときに、骨盤がねじれた状態で戻ると、腰痛などさまざまな症状を出してしまいます。


                    この患者さんの場合、左の骨盤がねじれた状態で閉じてしまい、2ヶ月間時間が経ち、骨盤が硬くなってしまった状態で骨盤ベルトを締めたと思われます。そのため、ねじれた骨盤をさらに悪くさせる状態にしたために症状が出ていると疑われました。


                    骨盤ベルトは、産後骨盤が不安定な状態で締めるもので、安定してから締めるものではないのです。


                    施術は、ねじれてしまっている骨盤を元に戻すよう調整を行っていきました。



                    【経過】


                    2回目来院時 : 日常生活での腰の違和感がなくなったが、ベルトなどで腰を締め付けると痛みは残る。


                    5回目来院時 : 骨盤は痛く無くなり、以前入らなかったズボンが入るようになった。


                    現在、育児で身体の疲れがたまってしまう為、月に一度のメンテナンスに来院している


                    症例:産後の腰痛|尾道の整体・カイロ

                    0
                       

                      【症状】


                      30代女性


                      14日前に第一子を出産。産前から、腰が痛くなり、出産後腰が痛くなる。

                      具体的には、寝返りの時や、歩行時に右臀部に痛みと右足外側にしびれが出る。

                      他に、悪露の量が多く下腹部に痛みがある。



                      【状態】


                      産後の腰痛は、良く見られる腰痛です。

                      妊娠後期からリラキシンというホルモンが分泌され、腰部・骨盤の靭帯を緩め出産時骨盤を開きやすくします。


                      このホルモンは、産後24時間以内に分泌が止まり、急速に関節の硬化が始まり骨盤が元の状態に戻ります。


                      この骨盤が開いて、閉じる過程で骨盤の歪みが生じる場合があります。


                      施術としては、骨盤の歪みをとり、妊娠中胎児に圧迫されていた臓器をリラックスさせるようなことをしていきました。


                      【経過】


                      2回目来院時 : 時々腰痛があるが、以前のような強い物ではなくなった。また、下腹部痛も軽減してきた。


                      3回目来院時 : 臀部の調子は良く以前のような痛みはない。



                      【コメント】

                      良く受ける質問で、「産後どのくらいで来院したらいいですか?」と聞かれます。

                      答えは、1〜2週間経って、出産後のダメージが抜けたかなと思ったら、施術を開始しても良いです。


                      産後の腰痛は、ほおっておくと骨盤の歪みは取れにくくなります。

                      出来るだけ早めに来院してください。



                      0848−24−8687
                      産後の腰痛・産後の骨盤矯正などでお困りなら
                      尾道・三原・福山の国際基準のカイロプラクティック

                      ポート カイロプラクティック センタ

                      | 1/2PAGES | >>