症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

スネの疲労骨折から、常に疼く痛みに

0

    【症状】

    高校生、男性

    野球をやっており、3ヶ月前に右スネを疲労骨折。

    それから、常に右スネが痛む。何もしてなくても痛む感じがする。走ったら脛骨内側がすぐに痛くなる。

     

    【状態/経過】

    ・右の脛骨にしなりがなくカチカチな状態

    ・内臓全体が硬い

    ・右の交感神経の過剰な興奮

     

    まず、右の脛骨に対する施術を行っていきました。4回目の来院時で痛みはないとのこと。

    しかし、自律神経の乱れが残っているため、その後3回施術し、状態が良いので施術を終了した。

     

    【コメント】

     疲労骨折後、骨自体の弾力性が失われていた状態でした。

    骨は、外力に対ししなったり、ねじれたりすることで、その柔軟力により力を身体中に伝達し逃していきます。

    この患者さんでは、その作用がなくなっているため、骨以外の筋肉や靭帯などが骨の代わりに頑張りすぎて痛みを起こしている状態でないかと考えられましたので、これを施術しました。

     また、骨にはたくさんのミネラルや血液が入っており、骨の弾力性が失われているとミネラルや血液の排出が上手くいかなくなりうっ滞が起こります。すると益々、炎症が治りにくくなるのです。

    炎症が慢性化してしまっている原因が骨そのものの弾力性が失われたことから起こっていたのです。


    1年前からの、膝が疼いてどうしようもない痛み

    0

      症状

       

      60代女性の患者さん。右膝から右すねに対しての酷い疼きを訴え来院。

      経緯としては、2〜3年前に膝が痛くなりその痛みは一時落ち着いていた。しかし、去年北海道旅行へ行ってから、再度膝が疼き約1年が経過。

      症状は、冷えたり、歩いたり、階段の昇降や、膝を投げ出して座ったりすると、どうしようもない疼きが右膝からすねにかけて出てくる。本人は、1年このような状態が続いているので、一生治らないのではないか、諦めるしかないのかとかなり意気消沈の模様でした。

       

      施術後の経過

       

      検査してみると、右の脛骨の骨自体に大きなねじれがかかっており、骨のしなりが失われている状態でした。他に下腿骨間膜の緊張、肋骨の機能障害が見られ、これらを施術していきました。

       

      4回目の来院時疼きがだるさに変わり、少し良くなった感じがし

      7回目の来院時には、疼きの頻度がかなり減少

      8回目の来院時、症状は消失

       

       

       


      変形性関節症と診断を受けた膝の痛み 50代女性

      0

        50代女性の方で、右膝の痛みを訴え来院されました。

        膝の痛みは、約1年前から始まり、始め病院へ通い変形性関節症と診断を受け、ヒアルロン酸注射の治療を受けていました。

        ヒアルロン酸注射を受けていた当初は、痛みが引いていたそうなのですが、また膝の痛みが再発した模様です。

         

         症状は、歩くときや椅子から立ち上がる際に膝に痛みが生じます。また、階段を降りたり、車の乗り降りにも支障が出ています。

         

        検査・治療

         膝の関節に変形が認められましたが、膝自体が問題ではなく足の指の関節や、足首の関節がしっかり動かない状態が膝に長年負担をかけ、変形して行ったのではないかと思われます。ですので、その部分の治療を中心に週1回のペースで治療を行いました。

         5回目の来院時、膝の痛みに緩和が見られ,10回目の来院時から痛みはほぼ認められない状態になりました。

         

         膝が痛いからといって、膝自体に原因がある場合は非常に少ないです。他の場所に問題があり、その負担が膝にかかり痛みが出ている場合がほとんどです。なので、膝の痛みでも全身を見るということは非常に重要となってきます。

         

         


        膝の人工関節置換術後からの強い痛み

        0
          【症状】
          70代女性。1年半前に右膝の変形性関節症のため人工関節置換術を行った。
          もちろん前々から膝は痛かったが、術後よりよりひどい痛みになる。5分も痛みで立ってられず、松葉杖をつくようになる。


          治療は、右膝の筋力の低下が著しかったため、当初は筋力の治療をメイン行った。
          数回の治療で筋力の回復が見られたが、大幅な痛みの軽減は見られなかった。
          次に、人工関節置換術による膝の癒着を確認してみると、皮膚から筋腱部や靱帯など相当強い癒着が見られました。
          この癒着をはがすことを中心に治療を行ったところ、治療後数日で痛みが軽減し、回数を重ねるにつれかなりのところもで痛みが軽減。今では、普通に散歩ができ買い物も松葉杖なしで行けるようになった。

          どんな手術のあとにも癒着の問題は、必ずと言っていいほど起こってきます。これは、医師の腕を否定しているわけではなく、どうしても体を傷つけたあとには起こってくる生理現象です。すべての癒着を完璧に取るということはできませんが、徒手療法である程度の癒着は外せます。術後にあたらあしい症状があらわれ始めたという方は、癒着の問題も疑ってみたら良いでしょう。

          足の甲の痛み

          0
            JUGEMテーマ:健康
            50代女性 足の甲の痛み
            この痛みは、7〜8年前から始まり、車のクラッチを踏むときや正座で自分の体重を踵にかけるときなどに足の甲が痛くなる。

            【外傷歴】
            過去に車との接触事故で足首を捻挫したことがある。


            【治療と経過】
            過去の捻挫のせいか、足関節や足根骨などに強い制限が見られる。足関節を底屈(つま先を床の方に伸ばすような運動)で痛みが再現される。治療は、足関節と足根骨、更に脛骨の骨内病変に対して施術を行っていった。要約すると、痛みが出ている足の関節に負担がかからないように、周囲の関節の動きを良くしていきました。

            経過は、クラッチを踏むときの痛みは数回の治療でとれたが、正座をした時の痛みがなかなか取れませんでした。9回目の治療でやっと正座時の足の甲の痛みが取れました。事故での捻挫はかなり古い(小学生時)のもので、強烈に障害が残っておりなかなか思うように関節の硬さが緩んでくれなかったのですが、回数を重ねていくうちに徐々に取れていったという感じです。

            やはり、古い症状で強く残っているものは回数がかかります。この期間患者さんが我慢して通ってきてくれるかどうかに治療の正否がかかっているように思います。このように何十年も前からある問題が原因となっているときは、諦めずに辛抱強く通ってみるのもひとつの手だと思います。


             

            症例:頭痛と両足(特に右足首)の冷え|尾道・整体

            0
               

              【症状】

              70代女性。両足首の冷えを訴えて来院されました。

              特に右足のアキレス腱付近が中心に冷える。1年前、階段を下りる際、右足底にズッキッと痛みが出た時から始まりました。

               

               その頃に、一度当院に来院され足の痛みがとれ、冷えも少しおさまったようでしたが、通われず1年後に同じ症状を訴え来院されました患者さんです。

               

               他にも、慢性的な頭痛があり、痛み止めが必須な状態でした。




              【状態】


              検査していくと、右足の踵骨といってかかとの骨の関節の動きが非常に悪くなっていました。



              カイロプラクティック症例集

              他に、右肩の筋力のアンバランスが見られ、首の筋肉が非常に硬く緊張している状態です。


              仕事は美容師をしているので、右肩と頚部にいつも負担をかけているのかもしれません。


              頚部は、神経が沢山存在しているポイントです。頚部の異常な緊張より自律神経系に問題が表れ、全身に冷えを出すかも しれません。また、かかとの関節が悪いこともこの部分にポイント的に血流の悪さをつくり、特に右足首の冷えを起こしている可能性がありますので、これらを 重点的に施術していきました。




              【経過】


              週に1回来院し、計3回通われました。


              1回目の治療後、左足の冷えがなくなるが右足首の冷えが残る。


              3回目の治療時、右足首の冷えがとれ、頭痛がかなり軽減される。



              この患者さんの場合、足首に問題があった為かなり短期間で症状を取ることが出来ました。

              この症例から見られるように、関節の問題からも冷えが現れたりします。過去に捻挫など外傷後に冷えが表れたなどの症状がありましたら、カイロプラクティックでかなりよくなる可能性があります。




              腰痛・肩こり・頭痛・坐骨神経痛などの症状でお困りなら
              尾道・三原・福山の国際基準のカイロプラクティック
              ポート カイロプラクティック センター


              腫れと痛みの引かない4ヶ月前の捻挫

              0
                 

                【症状】


                4ヶ月前に、現場の足場から降りるときに足をくじき、そのあと天井用のボードを足の親指に落とした。それから足が腫 れ、かかとをつくと痛みが出る。また、横になっているだけで足がズキズキ痛む。この症状が4ヶ月続き治る気配がないとのこと。整形外科で電気治療を受けた が効果が見られなかった。


                【身体の状態】


                ・右の足首には腫れが残っている。

                ・足関節周囲の筋の緊張は高く、関節の可動性も著しく低下している。

                ・足関節周囲の筋力の低下と筋力検査時の痛み


                【施術と経過】



                この症状において、捻挫をした際と足にボードを落とした時に距骨(足首の関節)の関節の動きが著しく低下したと思わ れる。関節の機能が正常に保たれていないため、障害が治癒できないと思われた。施術は、この関節を動かすアプローチと関節周囲の靭帯や筋の血流増加や弛緩 を促すような操作を行った。これは、関節での修復作用が正常に起こることを目標としています。



                1回目の治療後、痛みは残るが歩きやすくなった。


                2回目の治療後、日常生活では問題ないが足を強く反らすと痛みが出る。


                4回目の治療で、少し痛みは残るがほぼ問題なし



                【コメント】

                関節の正常な動きが失われると、問題の修復能力が失われ治りにくくなる。という考え方は、カイロプラクティック独特 なものです。たとえば、転んで膝頭を切ったとします。傷口に石ころが挟まっているとなかなか治りません。だから、お医者さんは、傷口を入念に洗います(も ちろん消毒の意味もこめて)。

                関節の動きも同じで、正常に動いていないと周囲の血流量や神経の状態に悪影響が及び治りずらくなるのです。


                症例:ランナーの股間節前面の痛み|尾道の整体・カイロ

                0
                   <症状>
                  30代女性。4ヶ月前、マラソンの大会に2つ出場し、(この月で100Kmくらい走っていた。)その後無理がたたったのか、走っていると左股間節前面に激痛が現れた。
                  その後、当初のような激痛はないが歩いたり、イスから立ち上がったりなどの動作で痛みが残っている。整形外科で治療を受けるが、このような痛みに変化はない。


                  <施術>
                  ※状態
                  ‖世發發鮠紊欧覿敍に過緊張がみられ、その筋肉を使わせると痛みが誘発される。
                  ∈限首の関節の動きが悪く、足首を反らせる筋肉の力が入りにくい
                  左のお尻から太ももにかけての、大腿の外側を支える筋肉の力が入りにくい
                   これらの状態から、左の足首の関節の動きの悪さより、足首や太ももやお尻の筋肉に大きなストレスをかけ、太ももを上げる筋肉を痛めてしまっている状態が疑われました。

                  ※施術
                  足首の関節の動きを正常に戻し、傷めている筋肉に対してアプローチを行っていきました。

                  ※経過
                  1回目の施術後股間節前面の痛みがなくなる
                  2回目の施術後、股間節前面のいたみの再発なし、ただし、ずっと座っていると左臀部に違和感が出現。左臀部の症状に対し施術を行い症状改善


                  ※まとめ
                  カイロプラクティックは、「背骨だけの矯正だけ」と考えている方が多いですが、手や足に対してもアプローチを行っていきます。特に足の関節に問題があるとそのひずみが骨盤さらには背骨まで影響します。ですので、手や足にたいしてもしっかりと施術しています。

                  症例:3年前からのすぐに捻挫してしまう足首|尾道の整体・カイロ

                  0
                     <症状>
                    50代女性。3年前から、少し小走りをしたり、長く歩いたり、畑などぼこぼこ下道を歩くと、足首が痛くなり捻挫のような症状が出る

                    <施術>
                    足首を検査してみると、足首を反らす(前脛骨筋・第三腓骨筋)の力が入らない状態。また、外側の靭帯が痛み、靭帯を伸ばすような状態に持っていくと痛みでる。それに伴い、足関節の可動性が低下していた。

                     この患者さんの足首を安定させている筋肉が弱っており、足首の安定性を靭帯に依存している状態がうかがわれた。施術としては、痛んだ靭帯の修復の為に超 音波治療と足首の安定性を高めるため周囲の筋肉に対してアプローチ。そして、足首の可動性を高めるために関節を動かすような施術を行った。

                    1回目の治療後、平坦の道では痛みが出なくなったが、ぼこぼこした畑を歩くと足首が痛む症状が残る。この状態が3回目の治療までつづく。4回目の治療時、 1週間に1回しか足首の痛みを感じないようになり、5回目の治療時には、足首の痛みが完全になくなった

                    <まとめ>
                    慢性的な症状でも、このようにカイロプラクティックでよくなる例が多いです。また、カイロプラクティックは、背骨だけではなく手足の症状にも対応できますので、手足の症状でお困りの肩はご相談ください。

                    症例:4ヶ月前からの捻挫で痛みがとれない症状|尾道の整体・カイロ

                    0
                       <症状>
                      30代男性。4ヶ月前、仕事中はしごから降りるときにすべり右足を捻挫。捻挫なのでほおって置いて治るだろうと4ヶ月間放置していたが、いまだ痛みが残るので来院。症状は、荷物を担いで歩いたり、かかと歩きをすると鋭い痛みが足首にはしる

                      <施術>
                      身体の状態は、4ヶ月前からの捻挫だが、足関節外側に腫れが残っている状態。足首を動かす筋肉の筋力が低下し、足首を無理に反らそうと力を入れるとアキレス腱付近に強い痛みが出る。足首の反らす角度が減少し、足関節自体の可動性も低下していた。

                       この方は、捻挫後いつもと変わりなく重いものを持ち、動き回る仕事をしていたため、足首の炎症が慢性的に起こっている状態だった。しかも、足関節の可動 性が低く足首の筋肉の力が入らない状態でいるため、捻挫している部分の支えもなく、いつも負担をかけている状態でいることが伺われ、それが、慢性炎症へと つながっていることが予想されました。

                      施術は、炎症部位の血流を良くし、炎症物質を逃がすよう物理療法を行い、筋肉に力が入るよう筋にアプローチ。そして関節の可動域を広げる施術を行っていきました。

                      1回目の治療後、痛みは残るが歩きやすくよくなっている感じがする。2回目の治療後足の痛みを感じなかった。3回目の治療後、足をそらすと若干痛みが出てくる。4回目の治療後、完全に足の痛みがなくなった。

                      <まとめ>
                      カイロプラクティックでは、急性の捻挫(成り立て)にたいして、アプローチが苦手なほうです。ですが、亜急性期に入ると 炎症反応も少なくなり、カイロプラクティックのアプローチを十分に行うことが出来ます。このような、過去に何か怪我をしてなかなか痛みが取れないという方 は、一度ご相談ください。このような症状は、カイロプラクティックの得意分野です。

                      | 1/2PAGES | >>