症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

手根管症候群(痛みで夜中に目が覚める)

0

    症状

     

    30代女性。

     右手のしびれを訴えて来院されました。このしびれは、約1ヶ月前から始まる。症状は、日中はなんとも言えないだるい感じが右手に常に感じており、一番困るのが夜間寝ている時に、目がさめるほどの痛みとしびれがあらわれる。

     

     病院の受診で、手根管症候群と診断。湿布と飲み薬(睡眠薬)を処方されたがあまり状態が良くならない。

     

     

     

    施術と経過

     

    身体の状態として

    ・硬膜に非常に強い緊張が見られる

    ・尾骨に歪み

    ・心臓と右の肺の可動性が著しい低下

     

    これらを主として施術をしていきました。経過として

    3回目の来院時、しびれの頻度が下がる。夜はしびれで目がさめることはなくなる

    4回目の来院時、更にしびれの頻度が下がり、母指から中指にかけてのしびれが残っている

    5回目の来院時、症状がなくなる

     

     

     

    手根管症候群と言っても、手だけの問題ではない事が多い

     

     

     昔は、手根管症候群の施術をする時、神経の通りを良くするために、首の矯正や手根管を広げる施術、神経の走行を邪魔する筋などを集中して施術していましたが、なかなか良い結果が得られませんでした。それは、頸部から手にかけて本当の原因がここになかったからです。

     

     現在は、昔の直せなかった教訓を活かし、もっと身体全体の事を考えています。抹消の神経ではなく、脊髄のテンションがどこから来ているか?を考え施術していっています。今回の患者さんの場合、尾骨に強い歪みがあり、それが脊髄全体を下に引っ張っていました。脊髄が引っ張られると、当然手に行っている末梢の神経にも牽引力がかかります。これを外してやるとどんどん症状が軽くなっていったわけです。

     

     身体は、すべてつながっており、手がしびれるから、手だけを施術するでは思ったような効果は現れません。身体全体の相関関係を考え施術しなければいけないのです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    手のしびれと首から肩にかけての寝れない位の痛み(頸肩腕症候群)

    0

      症状

       

      40代男性。3週間前より右首から肩にかけての痛みがでてきた。痛みの強さは、痛みのためによる睡眠が邪魔される位痛いとのこと。

       

      この他に、半年くらい前に右手のしびれが出ており、病因から血液の流れが良くなる薬と処方されていた。また、メンタルクリニックで睡眠薬を処方。

       

       

       

      施術と経過

       

      ・硬膜の異常な緊張が見られる

      ・下肢や頚椎の関節の問題

       

      施術は、硬膜の緊張を緩めることをメインに行い、これが取れたら頚椎や下肢の関節に対しアプローチをしていきました。

      週1回のペースで来院してもらい、4回目の施術で、首の痛みが軽減ししびれが取れた状態に。

      6回目の施術で、痛みもしびれも問題がなくなりました。

       

       

      硬膜とは

       

       

       なかなか聞き慣れないと思われますが硬膜と言うのは、簡単に言うと脳や脊髄を包んでいるシートのようなものです。このシートがあるので神経が背骨や他の組織と擦れ合わないようになっています。ここで、重要なのは脳から脊髄、しいては、末梢の神経までこの硬膜がつながり連続性があるという点です。つながっているのであれば、硬膜の何処かに緊張が起きても全く離れた神経にも影響する可能性があります。

       今回のケースでは、硬膜が頭蓋で固く緊張し、結果とし右上肢に行っている神経の状態に悪影響を及ぼしていたのではと疑いました。そして、この緊張を取ることにより痛みとしびれが改善されたのです。

       

       

       

       

       

       

       

       


      骨盤からの肩の痛み

      0

        症状


        60代男性

        数ヶ月前から右肩の痛みが現れる。この痛みは、常にチクチクと痛み、寝てる時も起きている時もずっと続いている。常に痛みがあるにで神経的にかなり混乱している様に思われた。


        既往歴

        30年前に第5腰椎すべり症の手術を腹部開口で受ける。その際、腰椎に骨を移植するため骨盤から骨を削る。




        施術と経過


        体の状態

        ・右肩回旋筋が異常に緊張

        ・胸椎1番の歪み

        ・左腸骨の異様な硬さ


         今回施術でキーとなったのは、左腸骨の異様な硬さです。全く骨のしなりがない状態で岩の様でした。過去にすべり症の手術のため腸骨から骨を削り移植した時の外傷が骨盤の硬さとして残っていたと考えられます。ここを矯正すると右肩の緊張が嘘の様に溶けました。


        1週間後に来院してもらい、痛みはほとんどない状態に。

        さらに1週間後は、問題ないとのことでした。


        体は全て繋がっています。たとえ何十年も前に受けた外傷でも体は覚えており、それが遠く離れた場所に問題を起こす事が多々あるのです。この様な場合、痛い肩を一生懸命に治療しても全く上手くいきません。本当の原因を治療しないとダメなのです。


        両手の痺れと脱力感

        0

           

          症状

           

          30代男性。1年2ヶ月前から発症

          症状は、デスクワークと腕を上げて行う作業が多いのだが、この腕を上げて行う作業で両腕の痺れと力が指に入らない症状が増悪し作業がたまらなくなる。

           

           以前は整体で施術を受けており、受けると楽になっていたのだが、最近効かなくなったので当院に来院された。

           

          施術と経過

           

          ・肩の可動域は、当初外転120度

          ・頚椎と硬膜に異常な緊張

          ・肝臓と食道、胃の緊張。特に食道は固着性の硬さが見られる

           

          1回目の施術後、しびれは取れたが手の力が入らない感じに変化はない。

          3回目の施術で力が以前より入るようになりだす

          4回目の施術で力が戻り普段通りに仕事ができるようになる

           

           

          食道と頚椎の関係

           

           図のように食道と背骨は非常に接近しており、頚椎の筋膜と食道は連結しています。

          この患者さんの場合、毎晩お酒を飲み、逆流性食道炎を伴っていました。よって、食道が固くなり頚椎を引っ張ることで歪み、手にしびれが出たのではないかと考えられます。食道の施術を始めてから、劇的に指の力が入る様になったのもこのせいでしょう。

           

           


          肩の脱臼後から始まった、右肩の疼きと痛み(5年前から)

          0

            18才、女性

            中学2年生の時ドッチボールで、右肩を脱臼し肉離れを起こした。その後より5年近く右肩の痛みを覚える。

            随時右肩が凝ったような感じと、リュックなどを肩にかけると痛みが生じる。

             

            【状態】

            ・右手首の可動生低下

            ・骨盤に歪み

            ・肩を吊り下げている棘上筋に大きな問題

             

            【経過】

             右手首の関節と骨盤に歪みがあり、結果的に右肩の使い方が悪くなっていたのでこれを施術。棘上筋に筋筋膜痛症候群のTRPが痛みの発生源と考えられたので、これも施術していきました。

             4回目の来院時、肩の痛みは無くなっており、リュックなどを担いで肩に負担をかけても大丈夫になっていました。

             

             大昔に受けた外傷でも、それをひこずり症状を起こしていることは多々あります。今回の患者さんも同様です。人間には自然治癒能力があり、怪我をしてもそれを治す力があります。しかし、治癒能力を超えた力の外傷を受けるともう自分では治すことができず、そのまま障害が残ります。そして、その障害を他の元気な体の部位で代償しようとし、それが新たな痛みを作るという悪いループを作り出し、痛みがなかなか取れないということになって来るのです。

             


            10年前からの肩こり

            0

              【症状】

              30代女性。10年前に事務の仕事を始めその頃から、現在まで酷い肩こりを抱えている。

               

              【施術・経過】

              施術は、肩だけではなく、腰や頭蓋、内臓、足に対しておこなっていった。

              3回目の来院時まで、症状に変化はなかったが、それ以降肩こりは楽になっていき、5回目の来院時肩こりは消えていた。念のため、1ヶ月後に来院してもらったが、問題なく生活できる状態を維持できている。

               

              【コメント】

               私の経験上、肩こり体に全体の調子が悪い時に、体のサインとして肩こりを出して本人に伝えている様な気がします。なので、肩だけをマッサージして揉み解すだけでは、施術効果はその時だけで次の日また戻ってしまいます。逆に症状とは全く関係のない場所を、全身的に整えてあげると良い結果が出ています。

               

               


              指の痺れ

              0

                「症状」

                 

                 30代男性。左指4〜5指の痺れと、左手に力が入らない脱力感を訴え来院されました。

                2ヶ月前に床の雑巾がけの際、首を前に上げた時ピッキっという音が首に走ったことがきっかけとなりました。次の日朝目が冷めてから首が回らなくなったが、2週間するとその痛みも引いてきた。しかし、その頃から左肩甲骨に強いハリと左指4〜5指に痺れと手全体に力が入らない状態にあり、今に続く。

                 

                 

                「施術と経過」

                 

                 初回の施術は、下部頚椎と肩に関連する関節などを中心として行う。しかし、その次来院した時に全く変化なし。ここで、首の関節や肩甲帯に問題がないことを判断し、自律神経系の交感神経の過剰な興奮により現症状が起こっているのではと、仮説診断を変えました。そして脳へ走っている血管(このときは眼動脈)を施術し、4回目来院時、指の痺れは消失していました。しかし、手に力が入りにくい状態が続いていました。それから、自律神経のバランスを取るように施術を加えていくと、6回目の来院時ほぼ手の力も回復する

                 

                 

                 今回の症状は、問診だけで判断すると原因が首にあるような気がしますが、実は原因は自律神経の乱れから来ていました。本当の原因は、痛みから離れているとこをに多く見られます。


                右肩が上がらず、肩甲骨内側から首筋までの強い張り

                0
                  JUGEMテーマ:健康
                  【症状】

                  30代男性。
                  以前から出たり治ったりしている症状で、首から右肩甲骨内側まで強いハリを訴える。ひどい時は肩が上がらない状態になる。2週間前からこの症状が辛くなりどうしようもならないので来院された。
                  他に1周間に1度の頭痛も訴える。


                  【治療と経過】

                  肩関節外転の可動域
                  初診時:右110度

                  初診時は、検査を通してどうも足が気になり足を中心に治療していきました。

                  2回目来院時:右120度
                  2回めは1回めよりそこまで改善は見られなかったです。ずっと足が気になっていましたが頚椎と鎖骨、肩関節周囲筋を治療。

                  3回目来院時:160度
                  前回よりかなり上がるようになったが、もうひとつ上がりが悪い。やはりどうしても足が気になるので、患者さんに尋ねると昔オスグッドをやったことを思い出した。そこを治療すると170度まで上がるようになった。

                  その後、症状がほぼ良くなり日常生活に支障がない程度になりました。

                  このケースでは、日常の仕事で肩に負担をかけていたこともあるが、過去の外傷(オスグッドシュラッター)も肩に関与していたように思われます。
                   

                  症例:左肩から手までの痛みとしびれ|尾道の整体・カイロ

                  0
                     

                    【症状】


                    60代女性。10日前から、左肩甲骨〜肘〜手首にかけて痛みが現れ、同時に手がしびれてきた。

                    原因がわからず整形外科へ行き、「背骨の間隔が狭くなっている。年のせいだから仕方ない。」と言われショックを受けて来院されました。


                    【状態】


                    この方は、首に負担をかける検査を行うと痛みとシビレが誘発されます。

                    首がしびれの原因だと言うことは、明白でした。

                    が、お話を聞いてもいまひとつ首に負担のかかるような生活をされていないようで、原因がハッキリとしませんでした。


                    話を続けているうちに、「甲状腺の手術を2回行ったことがある」ということだったので、もしかしたらこの手術痕が首に影響し、痛みやしびれを作り出している原因ではないかと、治療を始めました。




                    カイロプラクティック症例集


                    【経過】


                    2回目来院時 : 首を動かすときの痛みはなくなるが、他は変化なし

                    4回目来院時 : シビレが全体的に引いてきた感じがあるが、まだ残る

                    6回目来院時 : シビレがあるときと無いときが出てきた

                    8回目来院時 : あまりシビレが気にならなくなってきた。

                    9回目来院時 : 時々さわさわした感じが手に出てくるがしびれはない。


                    まだ、首に若干の違和感があるので現在3週に1度来院してもらっています。


                    症例:笛を吹く際の右指のしびれ|尾道の整体・カイロ

                    0

                      【症状】


                      50代女性。

                      4〜5年まえから、草取りなど手をよく使うと痺れが来ていた。


                      1年前からたて笛をはじめ、10分くらい笛を吹くと右指がしびれ、笛を吹くことができなくなる。手を休めるとしびれが回復するが、また吹き始めるとしびれが出るを繰り返す。



                      【状態】


                      右の手のひらの感覚がにぶく、正中神経(手のひらや、うでや指の筋肉の運動を支配する神経)支配の筋肉の弱化が確認されました。


                      また、右指の関節の変性も見られ、指の関節の可動性が低下している状態でした。


                      この患者さんでは、正中神経の拘締が疑われます。

                      首から手に渡っている神経は、骨の隙間や筋肉の間、健が入り混じっている複雑な構造をなどを縫うようにしてとおっており、それらの構造で異常が起こると神経が拘締されることがあります。



                      この患者さんでは、腕の筋肉の強い緊張がみられました。

                      もしかすると指の変性があるので、自由に指を動かすことが出来ず、腕に負担をかけ、筋肉の異常な緊張を作り出し、その結果、神経が拘締されたのではないかと考えられました。 


                      ですので、この患者さんには、指の施術と神経を締め付けている腕の筋肉の施術をメインに行っていきました。



                      【経過】


                      週1回計4回の施術


                      2回目来院時 : 10分演奏したらしびれていたのが、30分持つようになった

                      3回目来院時 : 今のところしびれは出ていない。

                      4回目来院時 : 難しい曲を演奏したがしびれは出てこなかった。


                      現在、しびれは出ていないが、再発防止の為に月に1回の治療を行っています。


                      | 1/2PAGES | >>