症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

スネの疲労骨折から、常に疼く痛みに

0

    【症状】

    高校生、男性

    野球をやっており、3ヶ月前に右スネを疲労骨折。

    それから、常に右スネが痛む。何もしてなくても痛む感じがする。走ったら脛骨内側がすぐに痛くなる。

     

    【状態/経過】

    ・右の脛骨にしなりがなくカチカチな状態

    ・内臓全体が硬い

    ・右の交感神経の過剰な興奮

     

    まず、右の脛骨に対する施術を行っていきました。4回目の来院時で痛みはないとのこと。

    しかし、自律神経の乱れが残っているため、その後3回施術し、状態が良いので施術を終了した。

     

    【コメント】

     疲労骨折後、骨自体の弾力性が失われていた状態でした。

    骨は、外力に対ししなったり、ねじれたりすることで、その柔軟力により力を身体中に伝達し逃していきます。

    この患者さんでは、その作用がなくなっているため、骨以外の筋肉や靭帯などが骨の代わりに頑張りすぎて痛みを起こしている状態でないかと考えられましたので、これを施術しました。

     また、骨にはたくさんのミネラルや血液が入っており、骨の弾力性が失われているとミネラルや血液の排出が上手くいかなくなりうっ滞が起こります。すると益々、炎症が治りにくくなるのです。

    炎症が慢性化してしまっている原因が骨そのものの弾力性が失われたことから起こっていたのです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック