症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

妊娠後期から始まったかかとの痛み

0

    【症状】

    30代女性。2ヶ月前に第一子を出産産後の調整で来院。

    現在困っている症状は、妊娠後期から始まったかかとの痛み。

    この痛みは、起床時あるき出しの時に激痛や、赤ちゃんを持ち上げる時に出現する。常時痛むわけではない。

     他に両膝も痛く、座った状態から立ち上がる時に痛む。

     

     

    【施術と経過】

     この方は、10代〜20代くらいの時にヒールを頻繁に履いていたらしく、足がヒールの形に変形していました。

    産後の骨盤の問題とともに、足根骨の関節が正常に動くように施術を行っていきました。

     

    2回目の来院時、痛みに変化なし

    3回目の来院時、痛みにかなりの軽減が見られた。また膝の痛みも消失。

     

     

    【コメント】

     大昔ハイヒールを頻繁に履いていた女性は、今現在ヒールを履いていなくても、昔起きた足の問題(関節や筋膜組織の可動性の悪さ)がいまだに残っている事が多々あります。そして足が悪いんだと本人に自覚症状が無いことがほとんどです。足の問題は、膝や股関節、腰痛など様々な部位に影響を及ぼします。

     特に、私の経験上、妊娠中や出産後に足の問題が身体に影響を出すことが多く見られます。ですので、普段から頻繁にヒールの高い靴を履かず、特別な日だけ履くようにしてください。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック