症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

症例:4ヶ月前からの捻挫で痛みがとれない症状|尾道の整体・カイロ

0
     <症状>
    30代男性。4ヶ月前、仕事中はしごから降りるときにすべり右足を捻挫。捻挫なのでほおって置いて治るだろうと4ヶ月間放置していたが、いまだ痛みが残るので来院。症状は、荷物を担いで歩いたり、かかと歩きをすると鋭い痛みが足首にはしる

    <施術>
    身体の状態は、4ヶ月前からの捻挫だが、足関節外側に腫れが残っている状態。足首を動かす筋肉の筋力が低下し、足首を無理に反らそうと力を入れるとアキレス腱付近に強い痛みが出る。足首の反らす角度が減少し、足関節自体の可動性も低下していた。

     この方は、捻挫後いつもと変わりなく重いものを持ち、動き回る仕事をしていたため、足首の炎症が慢性的に起こっている状態だった。しかも、足関節の可動 性が低く足首の筋肉の力が入らない状態でいるため、捻挫している部分の支えもなく、いつも負担をかけている状態でいることが伺われ、それが、慢性炎症へと つながっていることが予想されました。

    施術は、炎症部位の血流を良くし、炎症物質を逃がすよう物理療法を行い、筋肉に力が入るよう筋にアプローチ。そして関節の可動域を広げる施術を行っていきました。

    1回目の治療後、痛みは残るが歩きやすくよくなっている感じがする。2回目の治療後足の痛みを感じなかった。3回目の治療後、足をそらすと若干痛みが出てくる。4回目の治療後、完全に足の痛みがなくなった。

    <まとめ>
    カイロプラクティックでは、急性の捻挫(成り立て)にたいして、アプローチが苦手なほうです。ですが、亜急性期に入ると 炎症反応も少なくなり、カイロプラクティックのアプローチを十分に行うことが出来ます。このような、過去に何か怪我をしてなかなか痛みが取れないという方 は、一度ご相談ください。このような症状は、カイロプラクティックの得意分野です。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック