症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

症例:システムエンジニア 右臀部の痛み|尾道の整体・カイロ

0
     

    【症状】 


     4ヶ月前から、右お尻の痛みがあらわれる。

     

     この痛みは、長時間座っているときや椅子から立ち上がるさいに右おしりに鈍痛があらわれる。また、症状がきつくなると右臀部から太ももの裏までだるさが出てくる。

     

     仕事は、2ヶ月前までシステムエンジニアをやっており1日中パソコンに向き合っている生活を何年も送っていた。


    【身体の状態】


    ・右臀部筋群に強い張り

    ・骨盤のねじれがみられる

    ・神経学的検査ではとくに問題なし


    【施術と経過】


     この患者さんは、何年も何年も1日中座っている体勢を続けてきています。また、これといった運動もしていなかったため、お尻の筋肉が硬く固まった状態になったとおもわれます。筋肉が硬く固まってしまうと、筋内の血流が低下し、筋の酸欠状態や代謝物質の蓄積など、痛みを起こすメカニズムが形成されてきます。


    そのため、長時間の座位などお尻の血流が低下するような体勢をとると痛みが生まれるのです。また、お尻の筋のアンバ ランスな緊張(右のほうが硬くなっている)より、骨盤や腰椎のねじれが生じ、これがまたお尻の筋肉の緊張を高めるという、負のスパイラルに入っているよう な感があります。


     よって、筋肉の緊張を和らげる操作と骨盤のねじれをとって行くアプローチを行っていきました。

     


    2回目の来院時

    →特に変化なし


    3回目の来院時

    →臀部の痛みが気にならなくなってきた


    4回目の来院時

    →臀部の痛みなし



    この患者さんの例は、比較的早めによくなりましたが、
    臀部痛は、慢性的になればなるほど回復に時間がかかります。おかしいなと思ったら、出来るだけ早めに来院してみてください。



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック