症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

症例:曲がったまま良くならないぎっくり腰|尾道の整体・カイロ

0
     

    【症状】


    40代男性。10日前にぎっくり腰になり、病院で注射を2回打ってもらうが良くならず来院。


    腰を痛めた原因は、仕事でいつも腰を曲げた状態で作業をしており、座った状態から立ち上がろうとしたときに腰を痛めた。過去にもこのような腰痛を何回か繰り返したが、自然と良くなっていたが、今回は良くなる傾向がない。


    【体の状態】


    ・痛みのためやっと歩いているような状態。

    ・腰を曲げた姿勢で、痛みのため伸ばすことができない。

    ・逃避姿勢(痛みからのがれるため、背骨が左右に弯曲している)


    【施術と経過】


    腰を曲げる体勢は、椎間板に負担をかけます。それを何年も何年も続けると、椎間板が薄くなり、関節の可動性が極度に低下したり、関節自体が変形したり、椎間板ヘルニアに進行したりとさまざまな問題が発生してきます。


    この患者さんは、長年の腰を曲げている姿勢により、椎間板が薄くなり、椎間板後方の椎間関節という関節の動きがたぶんに失われ、腰部周囲の筋肉への負担が高くなっていたことが予想されます。


    この状態から、立ち上がったため腰部の筋肉を傷めたと思われました。


    施術としては、その椎間関節を動かす操作と腰部周囲の筋肉にアプローチを行っていきました。




    カイロプラクティック症例集










    治療2日後:腰痛が少なくなってきたが、まだ痛みは残る


    3回目:日常生活では問題ないが、座ってから立ち上がる際にまだ痛みが残る


    5回目:まったく痛みがなくなった。



    この患者さんは、腰が治っても職業柄、腰に負担のかかる環境をどうしても変えることができない。

    よって、腰の調子が良くても月に1度メンテナンスに来てもらっている。





    腰痛、肩こり・頭痛・顎関節症などの症状でお困りなら
    尾道・三原・福山の国際基準のカイロプラクティック
    ポート カイロプラクティック センター

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック