症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

症例:中学生から悩まされた頭痛|尾道の整体・カイロ

0
     

    【症状】


    30代女性。中学生のときから肩こりが有り、肩が凝ってくると頭痛がでていた。現在では、毎日のように頭が重い感じがあり、月の半分は頭痛に悩まされており、頭痛薬が手放せない状態。


    頭がスッキリとした日は、1日もない。中学生のとき髄膜炎を経験している。



    状態】


    首から肩にかけての筋肉の強い緊張と、足首・骨盤・首の関節の可動性の低下がみられました。他に、中学生のときの髄膜炎のためか、仙骨(骨盤にはされている真ん中の骨)と頭蓋骨の動きに強い制限が見られました。


    身体の全体的な歪みをととのえ、仙骨と後頭骨の調整をメインにおこなっていきました。


    後述しますが、この患者さんのケースでは、何回か治療を重ねていくと頭痛が大幅に軽減されるのですが、いまひとつ軽い頭痛がのこりました。


    趣向品で、チョコレートを1日1袋食べていたの止めてもらうようにしたところ、きれいに頭痛がなくなっていきました。頭痛は、食べ物も深く関係するのです。



    【経過】


    週1回の治療を3回

    二週に1回の治療を3回

    月に1度の治療を1回


    2回目来院時 : 鎮痛剤を飲むまでの頭痛はなかったが、頭の重だるさが残る


    3回目来院時 : 軽い頭痛があっただけで、気になる程度ではなかった


    4回目来院時 : 頭痛の再発。チョコレートを1日で大量に摂っていることが分かり、止めてもらう。


    5回目来院時 : 軽い頭痛が残るが、薬は飲んでいない


    6回目来院時 : 頭痛は月に3〜4回程度


    7回目来院時 : 1月の間、頭の重だるさもなく、気にならなかった


    現在月に1度、頭痛再発の予防の為、メンテナンスで来院してもらっています。



    0848−24−8687
    腰痛・肩こり・頭痛・顎関節症などの症状でお困りなら
    尾道・三原・福山の国際基準のカイロプラクティック
    ポート カイロプラクティック センター


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック