症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

症例:圧迫骨折による背中の痛み|尾道の整体・カイロ

0
     

    【症状】


    80代女性、右背部の痛みと張り。この痛みは、当初ひどく痛み、仰向けで寝たり、背中を伸ばしたりすると背中に激痛 が走っていた。そのため、整体に通い痛みはかなりよくなってきたが、まだ背中を伸ばすような動作(手を上に上げたり、仰向けに寝たりが出来ない)をすると まだ痛み、張りが残っている。


    【状態】


     姿勢は、くの字に曲がり、背中を反らそうとするとかなり強い痛みを出していました。


    背中の骨:胸椎の12番から状態がくの字に曲がっており、筋肉の張りもかなり強い。


    背骨の圧迫骨折が疑われ、その状態で何年も経過してしまった為、背骨の可動性の減少とともにくの字に曲がっている上半身を支える為、筋肉がかなり頑張って痛みを出している状態ではないかと思われました。


    圧迫骨折とは、骨粗鬆症の高齢者がなりやすい骨折で背骨の椎体という部分が、ふとした加重で垂直に押しつぶされてしまう骨折を言います。その結果、老人に良く見られるくの字の姿勢が見られます。



    カイロプラクティック症例集


    施術は、この患者さんには骨粗鬆症が疑われる為、あまり強い力を使わないテクニックを使用し、背骨の柔軟性を取り戻すように時間をかけて行っていきました。



    【経過】


    2回目の来院時 : 背中の張りと痛みがかなり軽減していました。

    5回目来院時 : 今まで届かなかった所に手が届くようになった(背中が少しずつ伸びるようになった)

    6回目来院時 : 仰向けから起き上がろうとするときに背中が痛む。他の日常動作は痛みなく過ごせている


    半年後 : 背中の痛みを感じることがなくなってきた。



    現在、今の状態を維持する為に定期的にメンテナンスに通ってきています。



    0848−24−8687
    腰痛・肩こり・頭痛・坐骨神経痛などの症状でお困りなら
    尾道・三原・福山の国際基準のカイロプラクティック

    ポート カイロプラクティック センタ


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    これから一般に出回ることはないとされた骨粗鬆症改善術を公開します。もし、あなたが「骨粗鬆症をなんとしても解決したい!」と思っているのであればぜひともご覧ください。
    • 自分で出来る骨粗鬆症改善術
    • 2011/08/17 5:22 PM