症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

産後からの膝の痛み

0

    【症状】

    30代女性。

    3ヶ月前に出産し、その後から両膝が痛くなる。特に立ったり座ったりの動作時。

     

     

    【施術と経過】

    ・昔ハイヒールを履いていた関係か、左足首の筋力が全体的に低下した状態

    ・両臀部の筋力低下

    ・膝裏の筋力低下

     

    これらの筋力の低下をいかにして、回復させるかを考え施術を行っていきました。

    まず、足首の筋力は中足骨の関節の異常。両臀部と膝裏は、内臓の機能異常により筋力低下していました。

    これらの問題を3回施術すると膝の痛みが改善されました。

     

    【コメント】

    なぜお尻の筋肉と膝の筋肉が内臓と関係あるのか?と疑問に思ってる方もおられるかもしれません。

    体は全て繋がっています。経絡も胆経と膝の裏の筋肉が関連しており、全て相互に関係し合っています。

    膝の問題で、一つの原因となっているは内臓です。妊娠出産で内臓には多くのダメージが入ります。なので、産後で膝が痛い人がお多いのです。


    真っ直ぐ仰向けになれない、逆流性食道炎

    0

      【症状】

      60代女性。逆流性食道炎で来院。

      症状は2〜3ヶ月前から生じ、頸部、肩のコリ感、胃痛、むかつき、胸焼け、食べると症状が悪化するので少ししか食べれない。胃酸が逆流するので、真っ直ぐ仰向けに寝れない、左下でないと寝れない。コーヒーなどの刺激物は全く取れない。

       病院で制酸薬を処方されているが、現状から回復できない状況。

       

       

      【治療と経過】

       自律神経系のバランスを整え、胃に対して直接マニピュレーションを施す。

      約1ヶ月後、7回目の来院時で胃カメラで異常が見られなくなり、症状もかなり緩和された。仰向けで寝るれ様になり、ほぼ普段の日常生活に戻りつつある状態。

       

       

      【コメント】

       病院では、制酸薬等、胃酸を抑える治療をメインで行っていきます。カイロプラクティックやオステオパシーでは、なぜ胃酸が逆流してしまうのか、構造的な原因に注目していきます。

       胃と食道の間で、胃からの内容物を逆流させないため弁の様な構造を筋肉が担っています。この弁が閉まる作用が弱くなり、随時開きっぱなしの状態になると、胃酸が逆流してきます。この弁の筋機能がしっかり働く様、施術を行い改善に向かわせます。

       また、胃酸があまり出ていない場合、胃で食物を消化できず、その食物の粥状の物が食道に逆流し、食道炎を起こす場合があります。この場合、制酸薬を処方してしまうと逆流性食道炎が悪化してしまうか、慢性化してしまいます。カイロやオステオパシーでは、胃を支配している自律神経が正常に働く様、体に対し働きかけ、胃酸が正常に分泌できる様にしていきます。

       逆流性食道炎が手技療法の適応範囲だなんてビックリするかもしれませんが、改善率は高い方だと思います。ぜひご相談してみてください。


      事故後から、天気が悪くなると頭痛が起こる

      0

        【症状】

        20代男性。3年前に後ろから追突される自動車事故を起こす。その1年後から、天気が悪くなると頭痛が起こるようになる。

         その他に、座った状態から立ち上がる時に腰の痛みが続いている。

         

        【施術】

        問題があった場所

         ・頭蓋骨

         ・手足の骨

         ・内蔵

         ・自律神経のアンバランス

         

        これらを、週1回で5回施術を行いました。

        6回目の来院時、天気が崩れても問題がなくなり、再確認のため1ヶ月後に来院してもらい、まだ良い状態が続くので治療を終了しました。

         

        【コメント】

         事故で入った身体への衝撃は、矯正をしない限り残っている事が多いです。人間の身体は、自分の許容量以上の衝撃が体に入ると、その衝撃力を歪みとして身体にとどめてしまいます(軽いものなら、勝手に復元します。)。

         その歪みのバランスを取るために他の部位で頑張って支えるため、新しい痛みが起こります。その新しい痛みをかばうために、さらに身体は歪み始めます。そして、その歪みのバランスをとるために新しい所が頑張り始め、更なる痛みを引き起こします。

         このように、負のスパイラルが身体に起き始め、ある程度の時間が立つと自律神経も乱れてしまいます。その結果、天候の悪化により頭痛が生じます。

         慢性になればなるほど、治療が難しくなっていく印象を受けますので、もしこのような症状がお有りなら、早めにカイロやオステオパシーのような、身体を矯正する治療法を受けられたほうが良いでしょう。


        14年前からの腰痛

        0

          【症状】

          30代男性。

          14年前、学生の時バイトでピアノを運ぶ際にぎっくり腰になり、それから調子が悪い。また、壊れたベットで寝ていたため、さらに回復が出来なかった。現在の症状は、疲れが溜まるとすぐに腰に来る。前屈はできるが、後屈が痛みで出来ない。長時間座ると腰が痛くなる。

           

          病院での診断は、座骨神経痛と椎間板ヘルニアと診断されています。

           

          【施術の経過】

          最初の4回の施術は、骨盤や腰椎の捻じれや関節の問題に対して行った。

          しかし、大きな改善は見られませんでした。

          5回目の施術からは、仙骨の骨内に生じているツイスト状のねじれと、左足の足根骨の施術行いました。

          そこから、症状はみるみる回復していき7回目に来院された時は、腰痛はほぼ感じないくらいまで改善されていました。

           

          長年、腰痛があったという事は、何年も身体に歪みがあったということになります。この状態が何年も続くと、骨自体にも歪みが生じて来ます。通常は、歪みは関節で起こるものですが、骨がしなる様に歪むのです。これが、今回の腰痛の原因でした。


          指の痺れ

          0

            「症状」

             

             30代男性。左指4〜5指の痺れと、左手に力が入らない脱力感を訴え来院されました。

            2ヶ月前に床の雑巾がけの際、首を前に上げた時ピッキっという音が首に走ったことがきっかけとなりました。次の日朝目が冷めてから首が回らなくなったが、2週間するとその痛みも引いてきた。しかし、その頃から左肩甲骨に強いハリと左指4〜5指に痺れと手全体に力が入らない状態にあり、今に続く。

             

             

            「施術と経過」

             

             初回の施術は、下部頚椎と肩に関連する関節などを中心として行う。しかし、その次来院した時に全く変化なし。ここで、首の関節や肩甲帯に問題がないことを判断し、自律神経系の交感神経の過剰な興奮により現症状が起こっているのではと、仮説診断を変えました。そして脳へ走っている血管(このときは眼動脈)を施術し、4回目来院時、指の痺れは消失していました。しかし、手に力が入りにくい状態が続いていました。それから、自律神経のバランスを取るように施術を加えていくと、6回目の来院時ほぼ手の力も回復する

             

             

             今回の症状は、問診だけで判断すると原因が首にあるような気がしますが、実は原因は自律神経の乱れから来ていました。本当の原因は、痛みから離れているとこをに多く見られます。


            << | 2/20PAGES | >>