症例を検索する

あなたの痛みの種類や部位は?

院長プロフィール

 

WHO国際基準カイロプラクター
日本で国際基準を満たすカイロプラクターは、600人に1人の割合です。

カイロの適応症

  • 自律神経失調症
  • 骨盤矯正
  • 野球肩
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 寝違い
  • 肩こり
  • 背部痛
  • 臀部の痛み
  • 肩の痛み
  • 五十肩
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 腕や足の痛み
  • 神経痛
  • 内蔵の機能低下
  • 生理痛
  • 全身倦怠感
  • 内蔵の機能低下
  • 妊娠中や産後の痛み

Facebook

ポート・カイロプラクティックセンター
予約・ご相談:0848-24-8687(9時〜20時 日曜休診)
〒722-0036 広島県尾道市東御所町5-1-1階
当院の公式サイトもご覧下さい
診療時間
9時〜13時
14時30分〜20時

症例:顎からのぎっくり腰|尾道の整体・カイロ

0
     <症状>
    60代男性。2日前に自転車を持ち上げようとして腰を痛めた。この腰痛で、鍼灸に通ったが痛みに変化がなく、当院に来院。腰の痛みは、全ての動作で強い痛みがあり、やっと歩ける感じ。
    他に、4日前に入れ歯を入れてもらい、この入れ歯が合わなくて気分が悪い日が続いていた。

    <施術>
    【状態】

    々は、少しの動作でも激しい痛みが現れる

    ⊆鵑魘覆欧襪塙痛が再現される。

    坐骨神経痛などの神経症状はない

    【施術】【経過】
    計4回の施術

    最初の2回までは、通常のギックリ腰で行うような施術を行っていきました。その結果、寝返りや歩行が楽に出来るようになったが、長時間座った後や首を曲げる動作を取ったとき腰が重たくなる。

    3回目から顎の施術を追加。
    その後から劇的に症状が緩和し計4回の施術で治療を終了した。

    【コメント】
    今回は、顎のアプローチを加えたら腰痛が良くなった症例です。顎関節は体全身に影響を及ぼします。例えば、虫歯の治療で銀歯を入れてもらい、その高さが合 わなかった時、何ともいえない違和感で集中力が欠如したり、肩が凝ってきたりとたくさんの症状が現れたことを経験したことはないでしょうか?このように、 顎が原因で離れた部位(今回は腰)に症状を作ることは良く見られることなのです。

    症例:高校生。椎間板ヘルニアと診断された腰痛|尾道の整体・カイロ

    0
       <症状>
      10代男性。2ヶ月前学校の試験がありその頃から腰の痛みが現れ始めた。痛みは、1時間座ると腰がかなり痛くなりh左太ももに痺れがでてくる。腰を曲げる とズキッと痛みが出たり、テニスをすると練習終わりくらいから腰が痛くなってくる。整形外科に行き、椎間板ヘルニアと診断されるが、なかなか治療に効果が 出ず当院に来院。

      <施術>
      【状態】

      々を曲げると痛みが出るため少しの角度しか曲げることが出来ない。

      知覚、反射、筋力などの神経学検査では、問題ないがSLR(坐骨神経のテスト)では両下肢で腰に痛み。

      9盤や背骨がゆがみ側弯がみられる

      す周りの皮膚が敏感になり、触るとくすぐったくなるので触れない状態。



      【施術】
       検査より、椎間板が痛んでいることが予想されました。また、日々の勉強とテニスの練習のストレスか身体全体の筋肉がかなり硬くなり、他の検査より自律神経にも大きな影響が出ていることも伺えました。

       椎間板は、ストレスによっても痛みやすい場所です。そのストレス下でテニスや長時間の座位をとっているとさらに椎間板が痛んできます。

       この患者さんには、まずは身体全体の緊張を和らげるような施術をしていき、落ち着いてから椎間板の施術を行っていきました。


      【経過】
      施術は週に1回のペース

      【2回目来院時】
       座っているときの痺れが出なくなった。が、腰痛に変化なし。

      【3回目の来院時】
       痺れが再発し、腰痛も強かった。

      【4回目の来院時】
       痺れはなく、腰の痛みが軽減してきている。

      【5回目の来院時】
       徐々に痛みが減少してきている。腰を曲げたときの痛みはなくなった。しかし、長時間座っていると痛くなってくる。

      【6回目の来院時】
       普段痛みを感じなくなった。長時間座っていても少し重い程度で、あまり気にはならくなった。

      症例:3〜4年前から始まったお尻から股間節への痛み|尾道の整体・カイロ

      0
         <症状>
        30代女性。左のお尻から股間節の後ろにかけての痛みと、仰向けになって寝ると腰の痛みが出る。この症状は、3〜4年前から始まった。仕事で1日中パソコンに向かっており、このときに症状が悪化する。また、最近左膝からすねにかけて痛みが現れてきた。

        <施術>
        【状態】

        〆幻坿崟瓩魘覆欧襪半評が再現される
        ∈悟宿瑤龍敍を触ると痛みとともに股関節までの症状が再現される。
        9盤や股関節を安定させる左の筋肉だけに筋力の低下が見られる。
        す盤や股関節に動きの悪さ(ゆがみ)がみられる。

        【施術】
        検査の結果、長年のパソコン作業により、臀部の筋肉が過度に緊張してしまい、この筋肉が痛みの発信源であることが予想できました。また、臀部の筋肉は、骨 盤から股関節に向かい走っており、この筋肉の過度の緊張より、股関節と骨盤のゆがみをつくり症状を悪化または、長期化しているものと思われました。

        施術は、骨盤と股関節の矯正と、臀部の筋肉の緩和操作。他に、足首などのバランスの悪さに対して施術を行っていきました。


        【経過】
        2回目来院時
         臀部から股関節までの痛みはほとんど感じなくなった。また、仰向けに寝るのが楽になった。しかし、膝から下の痛みに変化なし。
        3回目の来院時
         膝の症状がまだ残る
        4回目の来院時
         治療後2日ほど膝の痛みは良かったが、その後また痛みが戻ってくる
        5回目の来院時
         膝、臀部、股関節の痛みが出なくなり調子が良い


        症例:長距離運転がたたったギックリ腰|尾道の整体・カイロ

        0
           <症状>
          40代男性。腰の痛みと左臀部から膝にかけてのしびれを訴えて来院。1週間前、仕事で1日400Km車を運転し、営業先で重たいものを持ち上げた瞬間、腰が痛くなった。痛みが1週間たっても取れず、痺れが現れ始めた。
          仕事で、毎日のように長距離車を運転しなければならない。


          <施術>
          状態】

          々は、曲げられるが痛みを伴う

          長時間座って立ち上がるときなどに、腰に強い痛みが出る

          9の筋肉は、硬く緊張し、腰椎の弯曲は後弯している

          つ粘嵌弔防蕾戮鬚ける検査で、痛みが誘発される

          スの筋肉の力のアンバランスがみられる

          【施術】
          検査の結果、腰の捻れとともに椎間板が痛んでいることが予想されました。椎間板には、腰を曲げて座っている姿勢が一番ストレスがかかります。この状態で、何時間も車を運転する日々が何年も続くと次第に椎間板が痛んできます。
          この椎間板が痛んでいる状態で、重いものを持ち上げた結果腰を痛めたことが考えられました。
          施術は、背骨や筋のアンバランスを整え、椎間板への負担をへらし、椎間板の治癒を促すことを目的にアプローチしていきました。

          【経過】
          2回目来院時
          治療後、5日ほど調子が良かったが、仕事で物を持ち上げたらまた腰が痛くなった。

          3回目の来院時
          腰がまだ少し痛む

          4回目の来院時
          腰の痛みは出なくなった

          症状に改善が見られたため、経過観察をしながら月に1度のメンテナンスに来てもらうように指導。

          まとめ
          この方は、車の運転による普段の姿勢の悪さが、腰痛の原因となっていました。このような場合、施術してもまた悪い姿勢をとると状態が戻って来やすいで す。この患者さんは、このことをよく理解してくれ、普段の姿勢を変えてくれました。そのおかげで、腰痛をいち早く改善することが出来た一つの例になります。


          症例:高齢者のコキッと音と伴に現れる腰痛|尾道の整体・カイロ

          0
             <症状>
            60代女性。3日前に突然腰が痛くなった。この腰の痛みは、身体を動かすと腰がコキッとなり、それとともに激痛が起こる。以前にも同じような腰痛があったが、今回は今までよりも酷く、痛みが治まらない。他に、1年前に足首を骨折している。

            <施術>
            ※状態
            々椎の側弯がみられる。それと伴に腰椎5番目の関節の動きが大きく減少
            腰を伸ばすと痛みが出て、寝返りをうつときに激痛
            B首の可動域の低下と足首を反らす筋肉に筋力の低下が見られる
            す部を安定させる筋肉に左右のアンバランスがみられる


            ※施術
            この方は、腰椎が右凸に側弯している状態でした。また、腰を動かすと腰椎5番目あたりからコリコリと音が鳴り、不安感を誘発させます。年齢から考えて、腰椎の退行性変性(関節の変形)が考えられます。
             この変形は、腰がねじれていたり、関節の動きが少なくなると急速に変形がすすみます。ですので、腰のゆがみや動いていないところを動かし腰椎にかかるストレスを減少することが施術の目的になります。
             他に、1年前の足首の骨折により、足首の筋肉の力が弱り、これが腰椎の側弯を作り出している可能性があったので一緒にアプローチを行っていきました。


            ※経過
            1回目の施術後、日常生活での腰痛はなくなるが寝返りをうつときの腰痛が残る。
            2回目の施術後、寝返りの痛み消失。腰のコキッという音はまだあるが、発症頻度がかなり少なくなった。後は、メンテナンス施術に移り、関節の状態を定期的に整えていく


            ※まとめ
            よく聞かれる関節の変形。これは、関節が固定されてしまったり、異常な負荷がかかると変形がすすみます。このような状態になる前に、カイロプラクティックで背骨のゆがみや関節の動きをつけてあげて予防することが重要となってきます

            症例:右足への痺れを伴う臀部痛|尾道の整体・カイロ

            0
               <症状>
              30代男性。1週間前より右お尻から腰の辺りへ重だるさがでてき、右ふともも裏に重だるさとしびれる感じが現れる様になった。仕事はデスクワークで1日中座っていることが多い

              <施術>
              この患者さんは、1日中パソコンに向き合う仕事をしており、何年も座っている姿勢が続いていた。また、仕事を始めると休みなしでパソコンに向かっている。このことが腰に悪影響をおこし、このような状況になってしまったことが予想できます。

              ※状態
              右の臀部の筋の過緊張が見られ、梨状筋という骨盤から股関節に走るお尻の筋肉を押圧すると痺れが誘発された。
              お尻に神経を送っている腰椎の5番と右骨盤の動きが著しく減少。他に、便秘を繰り返している


              ※施術
              まず、骨盤と腰椎の動きを正常化し、痛みを出している筋肉への負担をやわらげ、梨状筋に対してのアプローチを行った。

              ※経過
              1回目の施術後痺れが消失し、臀部の痛みは半減。
              2回目の施術後、作業に集中していると凝りが気にならなくなるほど軽減したが、少し凝りが残る。
              3回目の施術後完全に症状が消失

              計4回の施術で症状の改善が見られた。

              ※コメント
              臀部の症状は、発症して時間が経過すればするほど施術期間がかかる可能性が大きくなります。また、症状も5分以上座っていられないなど非常に重くなってしまう可能性もあります。ですから、おかしいなと気づいたらすぐに施術を受けられることをおススメします。




              症例:しゃがみ仕事による急性腰痛|尾道の整体・カイロ

              0
                 <症状>
                60代男性。3日前から屋根の上で研磨をかける作業をおこなっており、1日中しゃがんだ姿勢で作業をしなければならなかった。そのことがきっかけで、仕事終わりに腰が激しく痛み出し、何をしても痛む状態

                <施術>
                ※症状
                 ・腰を曲げると痛む
                 ・仰向けの状態から起き上がるときに腰が痛む
                 ・イスから立ち上がろうとするとき腰が痛む
                 ・右骨盤、右肩が上がった状態の姿勢


                ※コメント
                この方は、一日中しゃがんだ状態で作業をしていたため、股関節を曲げる筋が縮み、逆に股関節を反らす筋(特に臀部の筋)が伸ばされ、この状態が長く続いたため、これらの筋にアンバランスが生じたことが考えられます。
                 この股間節をまたがる筋肉は、腰の背骨や骨盤に付着してます。そこで、これらの筋肉が過剰に収縮した状態が続くと背骨や骨盤の動きを制限してしまい、痛みを起こす原因を作ってしまいます。
                 治療は、これら動きの少なくなった関節を動かし、筋のアンバランスを整えていくアプローチを行っていきました。

                ※経過
                1回目の施術後、痛みが半減
                2回目の施術後、しゃがんだ体勢から立ち上がるときの痛みが残る。
                4回目の施術後、すべての痛みがとれ改善されたと判断

                 現在、再発予防とよりいっそうの腰の強化の為、月に1度のメ ンテナンスをすすめています


                症例:急性頚部痛|尾道の整体・カイロ

                0
                   <症状>
                  40代男性が首の痛みを訴え来院。この症状は、今朝棚の上の荷物を取ろうと腕を伸ばした瞬間に、首にグキッと音がなり強い頚部の痛みとともに首が回らなくなった。この男性の職業は、料理人で普段から首を前に垂らした(うつむいた状態)姿勢が多かった。

                  <施術>
                  検査の結果、首の付け根(C7/C8)に炎症反応がみられ、首の回旋が低下し、首を反らそうとすると大きく痛みまったく反らせない状態でした。また、周辺の筋肉は、スパズムを起こしていました。

                   治療としては、まずは炎症反応を弱めるためにアイシングを行い、その後弱い力で 首の付け根の関節を動かし再度アイシングを行いました。2日後再度来院してもらい、炎症が治まったのを確認し関節を動かす操作と筋肉を緩めていく操作を行 いました。3回目の治療で、頚部の痛みと動きの改善が見られました。

                  この、症例で考えられることは、普段から仕事上首を前に垂らした状態が続き首を反らす動きが少なかったよう です。このことより、棚から物を取る際、首を急に反らしたため首付け根の関節が、かみ合って動かなくなってしまい、その痛みにより首の筋肉が反射的に緊張 してしまい、首が動かなくなったのではないかと思います。この症状は、炎症が治まれば痛みは楽になりますが首の可動性は、関節を動かさないと良くなりませ ん。可動性が失われたままでいると将来何度もこの症状に悩ませられる事が予想されます。よって、再発を予防するためにも関節を動かさなければなりません。 痛みをとるだけではなくこの予防していくというのもカイロプラクターの仕事です。

                  症例:ギックリ腰|尾道の整体・カイロ

                  0
                     <症状>
                    40代男性。昨日ラジエターを持ち上げたとき、腰に違和感が出て、今朝目が覚めると痛みで身体が起こせなかった。特に腰を曲げることが辛く、寝返りがうてない。

                    <施術>
                    検査の結果、下位腰椎の関節がかみ合って動かない状態で、腰椎の正常の動きを失っていました。その状態は、関節を過敏にさせ、少しの動きでも痛みを誘発させます。よって、少し腰を曲げただけでも痛みが起こるのではと考えアプローチを行っていった。

                     腰椎の関節を動かしていくアプローチと、腰を安定させる筋肉に対して施術をしていきました。1回目の施術で、多少の違和感はあるが「腰をそらしたり」「曲げたり」の動作ができるように
                    なった。2回目の来院時、腰の痛みが少し残っており、曲げることはできるが、反らすことが少しきつい。3回目の来院時、痛みはなくなったが、歩行時に腰の 違和感がある。4回目の来院時ゴルフをしても問題がないくらい回復。この患者さんは、毎日通ってくれたため4日で完全に回復しました。


                    症例:左太もものしびれと臀部痛|尾道の整体・カイロ

                    0
                       <症状>
                      0代男性、左太ももの痺れを訴え来院。この痺れは、1ヶ月前より始まり、仕事は清掃業で、四つんばいになり床を掃除している状態が長かったためか、臀部痛と伴に左太ももにしびれが現れた。

                      <施術>
                      検査の結果、腰椎の椎間板に負担をかけるとしびれが誘発。また、臀部の筋肉からも押圧すると痺れが誘発されました。椎間板と臀部の筋肉に、長い間腰を曲げて仕事をしていたためストレスが過度にかかって現症状を出したものと思われます。

                       椎間板の負担を取り除くため、腰椎を動かしていくアプローチと臀部の筋肉を緩めていく操作を行っていきました。2回目まで症状に変化はなかったが、3回 目の施術時で、お尻のはりは残っているが、痺れが消失。5回目の施術で臀部のはりも消失。


                      << | 2/3PAGES | >>